肌トラブルに悩まされる
  • HOME >
  • 肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩む

肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩む

肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩むのは、やはりニキビと言えると思います。一概にニキビといっても、いくつかの種類があり、原因となるものも様々です。しっかりニキビの原因を知った上で正しく治療して貰うことが綺麗な肌にする初めの一歩なのです。



前々からそのダイエット効果に注目していて、一度はやってみたいと思っていた、ファスティングダイエットに挑んでみて、3キロほど体重を減らすことができました。



少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡をよく見てみると、ダイエットで見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。


しわの急な増加とファスティングが何らかの関係があるのかは不明ですけれど、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。



顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。


シミの正体とはいったい何なのかといえば、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、さらにその効果が期待できます。



ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌に負担をかけるというリスクもあります。
皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管(拡張状態になると、皮膚の表面が赤くなってしまいます)は、表皮や真皮といった皮膚を構成するすべての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大切な通り道であり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっているのです。



喫煙による害は多種多様ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管(拡張状態になると、皮膚の表面が赤くなってしまいます)が収縮してしまう、というものがあります。
沿うすると、最末端の微細な毛細血管(拡張状態になると、皮膚の表面が赤くなってしまいます)は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。
必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしてのはたらきが弱まり、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。

こうして肌は弾力を失い、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。
こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さ沿うです。

肌の潤いをキープしたまま、洗顔することが、ニキビケアの絶対条件。とり所以大人ニキビの場合は、乾燥は最も悪影響とされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。


それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌を乾燥指せずに汚れも落とし、ニキビ予防に有効なのです。ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症が起きている状態です。乾燥がひどい場合皮脂が少ないことから毛穴の目詰まりは起こらないように感じますが、実際は異なります。



皮脂の分泌が異常に低いと肌は湿度が低下しないように皮脂をたくさん分泌します。


その結果、毛穴に目詰まりが発生してしまい、ニキビができる所以ですね。

ニキビが繰り返されるときは、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしていかなければなりません。ニキビが一向に治らないのは、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、様々な原因があります。


なぜニキビが繰り返されるのかをきちんと知り、あなたに一番合ったケアをしましょう。
ニキビとご飯内容は密接に関連しています。

食べるものに気をつければニキビの症状も良くなっていきます。食生活は野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取る努力をしましょう。食物繊維が多く含まれる野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)は、便秘解消にも繋がることから、ニキビを減らす効果があるのです。



秋冬になって肌の乾きが酷いため、エイジングケアの化粧水にしました。やはり年齢肌に着目した商品ですし、価格も高いだけあって期待したどおりの結果を感じます。



化粧水だけで肌がもっちりと水気を帯びるので、乳液なども薄くのばすのみでいい感じです。翌日の肌がピンとして、ファンデーションもきれいについて十分に感じるので、これからも使用を継続します。

アトピーの場合は湿度が低いことによるかゆみも発症することが少なくありませんから、乾燥肌用の入浴剤を使ってたり、保湿、保水成分が十分に入ったスキンケア用品を利用すると良いですね。たとえば、軟水を使って洗顔したり、体を洗ったりするのも良いでしょう。軟水は肌を刺激する成分が入っていないことから、刺激に敏感なアトピーの人には好適なのです。

関連記事はコチラ

メニュー